ファミリーレストラン(ファミレス)は、ちょっと他店では高級だったり子ども連れでは入れないような人が、気軽に食事ができるようになっているレストランです。その為、価格も安価でマナーについてもかなり柔和に対応してくれていて、家族連れには重宝しています。

しかし、だからと言って食事をしているのは自分達だけではなく、他のお客も同じように食事を楽しんでいます。いくらマナーに煩くなくても周りの客を不快にしていいわけではありません。ただ、実際には気付かない人がいます。

そうやって考えると、ファミレスであってもある程度のルールやマナーを把握しておくべきです。自分が気付かない内に周りに迷惑をかけずにすみます。

まず、ファミレスで多くあるのが「ドリンクバー」です。これが、結構長時間滞在の要因になります。もちろんそれは、店側もある程度見越してのドリンクバー設置です。ですので、店にもよりますが、長時間滞在がダメというわけではありません。

しかし、混雑時ではお客が外で待つことになります。そんな時でさえ、自分達の領地のように動かない人がいます。さすがに混雑時は他のお客が少しでも待たずにすむように、退店するだけの配慮は欲しいところです。

また、ファミレスと言うことで、小さな子供連れで入る人も多いでしょう。その中で問題になるのが、子どものマナーです。よくあるのが店内を走り回ったり、大声で騒ぐ子どもとそれを注意しない親。

もちろん小さな子に大人しくじっと座っていろというのが無理な話なのはわかります。しかし、だからと言って何でも許していいわけではありません。他にもお客がいます。多くの人が怒っている原因は、騒ぐ子どもより注意をしない親です。

席内で多少話し声が大きいのは大人でもあるのですが、席を離れたり店内に響くほどの大声になってしまったら注意は必要です。これがマナーを覚える第一歩だと考え、子どもに教えるいい機会にしていけたらいいのではないでしょうか。

赤ちゃんの離乳食の持ち込みも問題になることがあります。(小さい子のごはんやお菓子を持ってくる人もいますが。)まだ、店のメニューでは食事が取れない場合、多くのファミレスが離乳食の持ち込みを認めています。中には言えばお湯を用意してくれたり、離乳食を提供してくれる店もあります。

まだ離乳食だから持ち込みは当たり前と大きな顔をせず、店に入る前に一言店員に聞くのが、感じのいい親と言えます。まずダメと言う店はほとんどないはずですし、ちょっとした配慮をしてくれるかもしれません。そうすると、気持ちよく食事ができます。

個別会計も対応してもらえるものですが、団体みたいに人数が多い場合は、他の客を待たせることになります。あまりに多い場合は会計前にひとまとめにしておくのが、他の客のひんしゅくを買わずにすみます。

逆にマナーを意識し過ぎて、よく高級レストランのようにナイフとフォークで食べないといけないとか、フォークをどう使えばいいのか考える人もいます。

しかし、ファミリーレストランではそのような心配は無用です。ナイフやフォークを使わなくても箸を使って食べればいいですし、食べた皿も高級店では客が重ねたりまとめる必要はないのですが、ファミレスの場合は重ねて置いておくと店員も楽のようです。

ファミレスの目的は、気軽に楽しく食事をすることです。

細かいことは他にもあるかもしれませんが、他の客に迷惑にならないように配慮するのは、最初にも言った通り必要です。

そして帰り際に「御馳走さま」「美味しかったよ」なんて一言を言うだけでも店側は嬉しいものです。