Page 3 of 5

マナーが悪いとお願いは叶わない?神社の参拝方法について

誰もが新年に初詣に出かける神社。人が多く、思うように参拝出来ない面があるので、初詣ではなかなか出来ないかもしれませんが、実は、神社の参拝にもルールがあります。

初詣のような人ごみが多く難しい場合はさておき、正しい参拝の方法を知っておくのは、日本人としての最低限のマナーと言えるのでないでしょうか。もし知らない人がいたら、この機会に正しい参拝方法をマスタ―することをオススメします。

参拝方法としては、最初は鳥居をくぐる所から始まります。鳥居の下をくぐる時、通り道の真ん中を通ることはいけません。真ん中は神様が通る道だからです。また、鳥居をくぐる時、一旦、礼をします。

先に進むと大抵、手水舎(ちょうずや、またはてみずやと読む)と言って、手を洗う場所があります。ここで手と口を洗います。外界の汚れを払う意味があるので、物理的な汚れがないからと言って洗わなくていいと言う訳ではありません。

順番は、右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗います。次に左手に持ち替えて右手を洗います。手を洗ったら再度柄杓を右手に持ち、左の掌で水を受けて口をすすぎます。直接柄杓に口をつけてはいけません。再度左手を洗ったら、最後に柄杓を縦にして自分が持った部分に水を流してから、柄杓をあった場所へ戻します。

次に拝殿まで進み、お賽銭を入れ、あれば鈴を鳴らします。お賽銭は投げずに静かに入れます。(誰だってお金を投げられたら嫌ですよね。)

二礼二拍手一礼と言われるお参りをします。まず2回深くおじぎをします。そして2回柏手(はくしゅ)をします。(手を叩きます。)最後にもう一度、深くおじぎをします。

初詣でもよく見かけるように、ここでよく時間を掛けてお願いを念じる人がいますが、あまり時間を掛けるのは周りにも迷惑が掛かる行為になります。手短に行うのが礼儀と言えます。

帰りも鳥居をくぐりますが、やはり真ん中を通らず、拝殿に向き直り一礼をしてから鳥居をくぐり抜けるようにしましょう。お願いをするのに礼を欠くのはやはり失礼だと言えます。

また、願いが叶ったら、今度は感謝の意味を込めてお礼参りもした方がいいです。神様に対して、お願いだけしてお礼をしないのは失礼にあたります。(他の人に対してだって、お願い事をしたら、お礼を言うものです。)

神社参拝はこれだけでなく、例えばお宮参りや七五三など、御祈祷やお祓いをしてもらう正式な参拝方法があります。通常は社務所に申し込みをしたり、先に予約をしておく人もいます。

正式な参拝方法に関しては、知っている人はあまりいないので神社の神主さんが教えてくれます。ここではそこまで説明すると長くなるので割愛しますが、これもまた神様への敬意を持って参拝することは忘れていけないと思います。

参拝日ですが、お参りに大安の日を選ぶなど、歴を気にする人もまだまだいます。確かに仏滅よりも大安の方が良い印象があります。しかし、歴の選び方も神社によってあまりこだわらなくてもいい、という所もあります。

ただ、神社参拝でのマナーの話以前に考えて欲しいのは、神様は本来、私たちの願いを叶える為の存在ではありません。(信じる信じないは別にして)

もちろんお願い事をすることが悪いと言う訳ではありません。神様に対して礼儀を忘れてはいけませんが、自分もその夢(願い)に向かって努力するなど、神様にお祈りするだけが全てではないことは頭に入れておくべきです。

あくまで心のあり方や持ちようとしてお参りをするという意識の方が、いいのではないかと思います。

どんな病なら救急車を呼べる?救急車の利用にマナーが必要になった

昔では考えられなかったマナーの悪さが評判になっていることの一つに、救急車の利用があります。

というのは、救急車は本来、緊急を要する疾病の際に呼び、応急対応してもらいながら病院へ患者を搬送するものです。

しかし最近は、軽症にも関わらずに「タクシー代を節約したいから。」「病院の待ち時間が面倒だから。」と救急車を呼ぶ人がいます。酷い場合には、「話し相手が欲しかったから。」なんてこともあります。これらは酷い例ですが、実際に救急車の搬送の約半分が軽症だとも言われています。

このような本来不要な救急搬送を行うことは、大きな問題点を作りだすことになります。

まず、救急車の出動が増えているために、本当に緊急性のある患者の対応が遅れることです。

もちろん患者の元へ出動しないと言う訳ではありませんが、必要以上に出動している場合、本来必要な人の近くにあるはずの救急車が対応できなくなり、遠方の救急車で対応することになって時間が掛ってしまう可能性があります。そうなると一刻を争う患者の命を助けることが出来なくなってしまいます。

また、救急車だけでなく受け入れる側の病院の負担も増えます。ただでさえ救急医療の現場は人手不足と言われています。それに加えて軽症での救急での受診は、通常以上の勤務の負担になります。

救急車はみんなの税金で賄われています。ということは、ある意味言葉が悪いかもしれませんが、税金の無駄使いになりかねません。

そもそも軽症なのに重症を装って救急車を呼んだ場合は消防法違反になりますし、消防機関の業務を妨害する(偽計業務妨害罪)と判断されることにもなりかねません。

ただ、現実問題として救急の出動が多いのは、社会の高齢化という点もあります。高齢者はどうしても急病になったり、様態が急変することがあります。軽症重症の判断も難しいですし、高齢者が多いということはそれだけ救急車を呼ぶ状況が増えるということです。

ではどうすればいいのか、という解決策も検討されていないわけではありません。

簡単に救急隊員や救急救命士を増やせばいいじゃないかということを言う人がいますが、実際に増えています。それ以上に救急車の出動が多いと言うことがあります。そう単純には解決できる問題ではないのです。

他に救急相談センターを活用するという手があります。急を要するものなのか、慌てなくていいものなのかの判断は、素人にはわかりません。だからこそみんな救急車を呼んでいるのですが、ここに電話で相談することで救急車の無駄な出動を減らせることができます。

しかし、それも万全な解決策にはなっておりません。地域によって電話番号も違いますし、まだまだ知られていないという面もあります。もっと周知して活用できるよう、整備をする必要があります。

救急車の有料化の話も出ていますが、これもまた問題点があります。

お金を払っているからこそのサービスを求められる・経済困窮者が救急車を呼ぶのをためらう、料金処理の事務負担、などが挙げられます。

本来、救急車は市民の命を守る為に出動するものです。これがかえって市民の命を危ぶむものになってしまったら意味がありません。

救急車を呼ばなければいけないほどの重症か、それとも軽症なのかの判断は確かに素人には難しいです。しかし、まず私たちにできることは、冷静な判断でもって救急車を呼ぶことではないでしょうか。

大勢がいるからこそ知っておくべき!公共場所でのマナーについて

公共の場のマナーで最近話題になるのが、携帯電話の使用です。自動車の運転中の使用は事故に繋がり重大ですが、歩きや自転車だと大丈夫だと思っている人もまだまだいます。歩きスマホも危険だと言われています。自動車でなくとも、他人にケガをさせる可能性はあります。

ヘッドホンやイヤホンも実は危険要因の一つです。周りの音が聞きとれないのと集中力の散漫により、気付かずに事故を起こすこともあり得ます。

公共の場所では、携帯の使用自体が禁止されている所もあります。周りが不快になるだけでなく、病院や飛行機など、場所によっては周りの機器に影響を与える可能性もあります。自分の携帯操作で重大な事故が起こるとは誰も考えないでしょうが、絶対にないとは言い切れません。

また、植込み式心臓ペースメーカーは、15cm以上離す必要があると言います。距離的に大丈夫だと思っても、例えば混雑した電車など状況によっては15cm以上距離が取れない場合もあるので、使用には注意が必要です。

その電車やバスですが、昔から言われているマナーがあります。

混雑時は特に詰めて座る、荷物を網棚の上か座っている時は膝の上に乗せるなどの配慮が必要です。もしリュックならば、電車の時は背中ではなく手で持つか身体の前に掛けるようにする方が、他の人の邪魔になりません。

乗り物の乗降口では、降りる人が優先です。ドア付近に立っている時は、一旦降りて通り道を開けます。その後にまた乗り込めば邪魔になりません。自分が降りる時に塞がれていたら「降ります。」とアピールすると、周りも通りを開けてくれます。怒る前にアピールしましょう。

雨天で傘を使っている時もその扱いに注意が必要です。他人を濡らさないよう水気を払い、ベルトを締めます。入れる袋があれば、入れた方が安心です。また、傘の先端は危険です。周りの人にケガをさせないよう扱いには気をつけましょう。

本人は気付かなくても周りが気になることに、化粧直しがあります。これは他人から見たら結構見苦しく、不快感を表す人もいます。本来は、公共の場での化粧直しはマナー違反です。美しい女性でありたいならば、化粧室や洗面所を使うべきです。

これもまた気付いていない人が多いのですが、大きく足を広げて座っている人がいます。意外にこれが他人の邪魔になっている場合があります。できれば脚を組むのも避けましょう。

エスカレーターを塞いでいる人もたまに見かけます。エスカレーターを歩くのは危険という話もあり賛否両論あるかもしれませんが、今のマナーとしては片側を急いでいる人用にあけるようになりました。関東と関西では左右あける側が違いますので、その土地のマナーに従うのがいいと思います。

難しいのが子どものマナーです。大きな子の場合はまた話が変わりますが、小さなお子さんを連れている親で、悪いことをしても注意をしない親がいます。例えば、大声で騒ぐ、座席に土足で上がる、スーパーなどで走り回るなど。

小さな子どもは静かにしていられない性分だというのはわかりますが、親がそれを野放しにするのか注意をするのかで周りの見方が大きく変わります。

乗り物など事情により避けられない場合もありますが、場所によってはある程度わかるようになってから出かける、ということもできるはずです。例えば外食の場合、なるべく小さな子でもOKな店にする。(それでも、周りへの配慮は忘れてはいけません。)または外食の際には子どもを誰かに預けるなども一つの方法です。

親の背中を見て子どもは育ちます。子どものいい見本になるのが、大人としての役割でもあります。

どう言ったらいいの?来客時で相手の機嫌を損ねない対応方法を知る

相手の家を訪問する際のマナーと同様、逆にお客が家に訪れてきた場合もそれなりにマナーはあります。前もって掃除(片付け)をしておく、御茶菓子を用意する、など準備もですし、相手がみえた時に気持ち良く過ごしてもらうような配慮も必要です。

そんな気配りは素晴らしいものですが、逆に裏目に出てしまうこともあります。よほど居心地がいいのか、来客時の困ったことでよく話題になるのが、何時間経ってもなかなかお帰りにならない方がいることです。

このような方は、どちらかと言えば畏まった方よりも友人などの気兼ねない相手の場合に多いのですが、実際に食事時になっても帰らなかったり、友人で酷い場合には、終電を過ぎても帰らなかったりします。

本人としては、仲がいいということで相手に甘えてしまい、相手が困っていることにすら気付きません。元々そう言った気遣いに疎い人もいます。

そういう時はどうしたらいいのでしょうか。

京都にはなかなか帰らないお客に「ぶぶ漬け(茶漬け)」を勧めて、暗にお帰りを促す習慣があるそうです。本来お茶漬けはお客に出すものではないものですが、それを出すことで帰って欲しいことを伝えるようです。

また、天地逆の箒を玄関や出入り口に置いておく(逆さ箒)というのもあるそうです。昔は京都だけでなく全国各地にその手の話もあり、「手拭いをかぶせる」こともあるそうです。

箒は、昔祭祀として用いられていたことから「おまじない」的な意味合いもあったようで、こちらの方がぶぶ茶漬けよりも強いアピールを示しているとのこと。

なかなか厳しいサインですが、京都の人からしたら「実際にそんなことはしたことがない。」「そういうものではない。」と言うものだそうです。それだけそうそうあることではなかったり、実は皆が寛容であったりということでしょうか。

しかし、実際になかなか来客が帰らずに困ったと言う人がいるのも事実。あまりハッキリと「帰ってくれ。」とも言えません。下手に言えば、その人との関係が壊れてしまいかねません。

実際に、どうやってアピールする方が角が立たないのでしょうか。逆に自分が訪問側になった際に、このようなアピールがあったら早々に引き揚げるべきだと知っておくのもの必要です。

長居をしている最中にお茶を出すのは、そもそも帰って欲しいサインです。(お菓子も一緒ならば、引き留める意味があります。)しかし、相手のとの関係によっては、これは本当に帰って欲しいのか、ただ親切からお茶を出してくれるのか、わかりにくいかもしれません。

どちらかといえば、「お時間は大丈夫ですか?」「この後の予定は大丈夫ですか?」などとさりげなく時間の経過を伝えるのが、嫌みにならない促しと言えます。しかしこれもまた、特に今は昔ほど奥ゆかしさが薄れてきているのか、それで気付かない人も実際にいます。

そんな場合には、目上の人には難しいですが、「この後予定がありまして・・・。」「この後外出する用がありまして・・・。」と訴える方法もあります。少し面倒ですが、状況によっては一旦一緒に外出しなければいけないような配慮が必要な人もいるかもしれません。

逆に予防策として、友人などの気心が知れた相手向けかもしれませんが、先に「○○時までなら大丈夫です。」と伝えておくのも一つの方法です。

時間の感覚や相手への甘え、その時の都合など、人によって考え方は様々です。相手が自分の気持ちを察することができないことがあることも知っておき、自分が訪問した時には相手に迷惑にならない内に帰宅するように気遣うのが、マナーのある大人と言えます。